menu

2023.12.21

凍結しないために…


凍結による給湯器の破損・故障にご注意ください。

給湯器凍結予防の注意ポイント

〇ブレーカーを落とさない

〇水を少量出し続ける

〇浴槽の吐水口より10センチ上まで水を張っておく

【エコキュート】エコキュートの凍結予防方法は?(動画説明あり) – 電気給湯機器 – Panasonic

断水検知の表示です。給湯機(貯湯ユニット)の給水配管やふろ配管が凍結している事が考えられます。
●処置方法
『決定』または『確定』スイッチを押すとエラー表示が解除されます。
解除されないときは、台所リモコンの「メニュー」を3秒押し、浴室リモコンの「リモコン切/入」を「入」にしてください。
給湯栓(お湯側蛇口)を少し開いて解凍するのをお待ちください。
●今後の予防
リモコンの給湯温度を「水」にしていただき、1分間に200ml程度出る様、給湯栓(お湯側蛇口)を開けてください。

給湯機(貯湯ユニット)の給水配管が凍結していることが考えられます。凍結した状態で沸き上げ運転をすると、「F12」を表示し運転が停止します。
●処置方法
貯湯ユニットの漏電しゃ断器を60秒以上「切」後、「入」にするとエラー表示が解除されます。
給湯栓(お湯側蛇口)を少し開いて解凍するのをお待ちください。
エラー表示が解除されない場合は販売店にお問い合わせください。

凍結による故障は保証期間内であっても保証対象外になります。ご注意ください

配管に直接熱湯をかけるのはおやめください。

無事に自然解凍で対処できたら、最後に給湯器や配管の周りで水漏れが起きていないか確認しましょう
水漏れが起きているのであれば凍結によって配管が破裂していることが考えられるため、そのまま給湯器の使用を続けると危険です。

当社のオーナー様で凍結の被害に遭われた方はご連絡をお願いいたします。

【オーナーサポート受付センター】

フリーダイヤル(24時間対応)

0120-37-8746

オーナーの方で故障状況の画像をお送りいただける方は

mailto:shoei@kumamoto.panahome.co.jp
までお送りください

【件名】に  「故障設備名」の記入お願いします

【本文】に   ●施主名 ●電話連絡先 ●建物所在地 ●被害の状況 ●メーカー名や品番など の記入をお願いします

※注  10メガバイトを超えるメールの場合受信できない場合があります。